ケノンは毎日使うと危険?安全な使い方は?

ケノンは毎日使うと危険?安全な使い方は?

ケノンは毎日使うと危険?

ケノンを購入して早く脱毛したいと考えているあなた
「毎日ケノンを使えばいいんじゃないか」
と思っていませんか?残念ながらそれは間違いです。

本記事では毎日ケノンを使うことの危険性と
安全な使い方、効果的な使用頻度を詳しく解説します。

肌の乾燥による炎症

毎日ケノンのような光脱毛器を使用すると、
肌の表面にある角質層と呼ばれる層にダメージを与えます。
角質層は水分や保湿成分を保つはたらきがあるため
ダメージを受け続けることによって肌が乾燥し
乾燥性皮膚炎を発症する可能性があります。
乾燥性皮膚炎は強いかゆみや赤み、水ぶくれなどの症状が発生します。

やけど

ケノンのような光脱毛器を毎日使用すると
やけどを負う可能性があります。
通常のやけどは皮膚の表面だけで
2~3日で自然治癒しますが、
繰り返し使用することによって皮膚の真皮まで
やけどを負ってしまい最悪の場合傷跡が残る恐れがあります。

肌の色素沈着(シミ)

皮膚はやけどなどのダメージを負うと
皮膚を作りだす細胞を守るために
メラニン色素を作りだします。
メラニン色素が作られても通常は1カ月程度で肌の色は戻りますが、
やけどなどのダメージがひどい場合は色素沈着をおこし
シミを発生させます。

早く脱毛したいのはわかるが、毎日はダメじゃ!

ケノンの安全な使い方は?

ケノンの危険性を書きましたが、
安全に使用するにはどうすればいいのでしょうか?
また一番効果的な使用頻度はどれくらいか
詳しく解説していきます。

保湿をする

ケノン使用後は肌の水分が奪われカラカラの状態です。
そのため必ず保湿をしましょう。
まずは化粧水を塗り、その後乳液やクリームを使用しましょう。
化粧水だけだと時間とともにうるおいが逃げてしまいます。
脱毛当日の入浴は肌が敏感になっているため
湯船につかることは避け、ぬるめのシャワーですませましょう。
肌の温度を上げると毛穴が炎症するなどの恐れがあります。

肌を冷やす

ケノンを使用する前に照射する肌をクーリングパック
(ケノンを購入すると2個ついてきます)
10秒ほど冷やしましょう。冷やすことで炎症や赤み、
痛みを軽減することが出来ます。
その後肌が冷えているうちにケノンで照射しましょう。
照射した後はまた10秒ほど肌を冷やしましょう

大切な肌を守るために必ず行うのじゃ!

ケノンの効果的な使用頻度

毎日脱毛するのはよくないことは分かったけど、
それじゃあどれくらいの頻度で使用すれば
効果がでるのでしょうか?

2週間に1度

ケノンに効果的な使用頻度は2週間に一度です
その理由を以下で説明します。

脱毛できる期間が決まっている(毛周期)

人間の体毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」の順番で成長します

脱毛が効果的な期間は「成長期」のみといわれています
「退行期」と「休止期」は毛が抜け落ちるのを待っている状態のため
この期間にケノンを使用しても脱毛効果が得られないのです。
また「退行期」と「休止期」は部位によって大きくことなります。

部位休止期(%)成長期(%)休止期間成長期間
口ヒゲ30702.5ヶ月12ヶ月
あごヒゲ35651.5ヶ月4ヶ月
ワキ70303ヶ月4ヶ月
VIO70303ヶ月4ヶ月
うで80204.5ヶ月3ヶ月
すね毛70306ヶ月4ヶ月

上の表を見てもわかるようにワキ、VIO、うで、すね毛は
「成長期」つまり生えている毛は全体の30%ほどしかなく
のこりの70%は隠れています
そのため毎日脱毛しても70%は脱毛ができないため
効果的な頻度は2週間に一度といわれているのです。

ケノンは毎日使うと危険?まとめ
  • ケノンを毎日使うと乾燥性皮膚炎、やけど、しみ
    が発生する恐れがある。
  • ケノンの安全な使い方は
    保湿(化粧水→乳液・クリーム)
    冷却(照射前10秒、照射後10秒)
  • 使用頻度は2週間に一度

まだ購入されていない方は公式サイトをチェック↓↓

ケノン

ケノンカテゴリの最新記事